診療科目の設置が新しい為、専門医が少ない現状

関節リウマチや変形性関節症、脊椎関節炎や膠原病などの診察を行い、それぞれの疾患や症状に適した治療を行うのがリウマチ科医の役割です。

関節や骨などに問題があるだけではなく、それが根本の原因ではありますが、熱が出たり体重の変化、貧血などさまざまな症状が出てくるため、それに応じた処置も非常に重要な仕事となります。
故に、ある程度の経験が必要であるとも言えるでしょう。

この病気そのものは昔からありましたが、「リウマチ科」として独立の診療科目が設置され始めたのは割と最近のこと。
その当時は専門医も数百人程度しかおらず、その他の診療科目と比較すると圧倒的な差がありました。

少しずつ専門医は増えているものの、まだまだ十分とは言えません。
リウマチそのものは毎年15000人ほどが発症していると言われ、そのニーズに応えられていない現状があります。
この診療科目の設置を待ち望む患者さんも多く、各医療施設もその期待に応えようとはしていますが、なかなか進んではいないのです。

高齢化社会によりますますニーズが増す診療科目

こうした現状から、リウマチ科への転職を考える医師も増えてきているようです。
この診療科目への転科のメリットは、上でも説明したように、多くの患者さんに応えられる点。
少しずつこの科目を設置する医療施設も増えてきているため、ニーズそのものがなくなることはありませんし、減ることもないでしょう。
高齢化社会を考えれば、これからますますニーズは増すばかりの科目と言えます。

社会に求められるだけではなく、専門医が少ない今だからこそ、挑戦のしがいややりがいが見つけやすいはず。
多くの症例と接し新しい治療法などを学ぶことで、この分野をリードすることもできるかもしれません。

決まった時間での勤務の為、働きやすいというメリット

診察は血液検査や尿検査、X線による画像検査などを用います。他の診療科目からの転科であっても十分に対応できるでしょう。
治療方法には徐々に変化が見られ、現在では主に投薬によって症状の改善を行います。
必要であれば手術を行い、あるいはリハビリテーションも取り入れながら改善へと向かわせます。

よって、緊急手術などの必要はなく、スケジュール通りに診察や治療などを進められるメリットがあると言えるでしょう。

これは求人事情を見てもわかること。
多くの医療施設で当直や早番、あるいは遅番などがなく、決まった時間での勤務であることがほとんどです。
まだまだ募集の数そのものが多いとは言えない求人事情もありますが、働きやすさを考えた時には転職・転科しやすいと言えるのではないでしょうか。