キャリアを向上させる為の転科は積極的にしよう

医師転職と診療科目の変更は、必ずしもセットではありません。
むしろ、これまで専門としてきた診療科はそのままに、勤める場所のみを変える医師が大半です。

しかし、何かしらの思いや事情があって、転職とともに診療科目も変更するという医師も決して少なくはありません。
特に若い世代では、実際に転科するかどうかは別として、これを具体的に考える医師が増えてきている現状があります。

医師は大学を卒業し医師としての免許を取得すると、最初のうちはさまざまな診療科で経験を積んでいきますが、数年後には特定の科目を専門とし、そこで知識や技術を深めていきます。

2年や3年という短い期間で一生の専門を決定するのは、よく考えてみれば少し無理があるのかもしれません。
医師としての経験を積むにつれ、他の診療科に興味が湧くこともあれば、他の分野にやりがいを見つける人も出てくるでしょう。

その思いを転職を機に転科によって実現させようとすることは、決して間違った考え方ではありません。
自らのキャリアを向上させることを優先させれば、むしろ興味のある分野に積極的にシフトしていくべきです。

また、転職を考えた医師たちが診療科に縛られることなく医師求人を探す時、診療科ごとに求人数や給与、待遇などの違いがあることを目の当たりにし、そこで転科に興味を持つ人も出てくるかもしれません。

興味の持ち方は人それぞれです。
給与や待遇、転職のしやすさなどに惹かれ転科を考えたとしても、仕事に対してその点を重視しているのであれば、その思いに従うべきでしょう。

転科を検討した理由を整理して最良のキャリア選択をする

ただ、転科には慎重さが求められます。
今のところ、多くの科目で医師は引く手数多ですから、転科してみたものの相性が悪くまた出戻りのような形で診療科を元に戻したり、転職後に、やはり相性が悪いと感じたため、さらに別の診療科に変更するなども可能ではあります。
ですが、それを繰り返していては、いつまで経っても医師としてのキャリアの向上は見込めません。

なぜ転科を検討したのか、この点を入念に整理しておきましょう。
これまで携わってきた分野にやりがいが感じられなくなったのか、それとも他の科目に興味が湧いてきたのか、あるいは待遇などが科目ごとに違い、それを知ってしまったからなのか…。

人それぞれ理由は異なると思いますが、その理由を元に転職先や診療科目を決定していかなければ、同じような失敗を繰り返しかねません。

もし、自分だけで整理がつけられないようであれば、医師転職を専門としたコンサルタントなどに相談してみるのも一つの方法です。
転科すべきかどうかはもちろん、転職についてのアドバイスやサポートも受けられるため、悩みや手間なども最小限に、最良のキャリア選択ができるはずです。



転科先として人気の『皮膚科』について学ぶ

皮膚科に興味がある!

 

精神科と心療内科の違いって?

精神科・心療内科に興味がある!

 
Pick Up!
業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」無料会員登録
運営会社

株式会社メディウェル

医師転職ドットコムってどんなサイト?

業界最大級の求人数を誇る求人サイトです。
転職を考える医師が、すべて無料で、「求人探し~キャリア相談~応募~面接~条件交渉~入退職の手続き」のサポートを受けられます!

医師転職ドットコムの実績 ・東証一部上場株式会社アインファーマシーズのグループ会社
・全国47都道府県を網羅(札幌、東京、名古屋、大阪、広島、福岡に拠点あり)
・業界最大級の求人数(39,480件以上 ※独占・非公開求人 10,000件以上)
・提携医療機関数 6,980施設以上、医師転職紹介実績11,000名以上
・平均年収アップ率 146.6%、希望条件達成率 94.7%
公式HP 【 転職に迷っているならまずは無料登録 】
現役医師(42歳)
小児科から内科への転職

長年、小児科の医師として勤務してきました。
1人でも多くの子供を助けたい!笑顔で退院していく子供の顔が見たい!そんな気持ちでした。
ですが近年の小児科では、モンスターペアレントと世間で言われる親御さんがとても多く、そんな親御さんの対応に頭を抱える日々でした。
親が子を想う気持ちから、必死に無理難題を訴えてくるのは、私も親なので気持ちはわかるのですが…。
やはり医療現場では一定のお子さんだけ特別扱いするような無理な要求を受け入れることはできず。
言葉で一生懸命説得しようとしてもエスカレートするばかりです。
そんな毎日に、だんだんと精神的に疲れてしまい小児科で働く気力がなくなってしまいました。
『いっそ医師を辞めてしまおうか…でも私には養っていかなきゃいけない家族がいる…』と悩み、すがる気持ちで私が昔から尊敬している先輩医師に相談をしました。
『努力して医者になったんだ。何も辞めることはないだろう。小児科ではなく転科したらいいんじゃないか?小児科での経験を活かして別の科で活躍する道だってある』との言葉を頂きました。
今の小児科での仕事、将来の事、家族のこと、自分のキャリアのこと。私は色んな事を考えすぎて身動きできなくなっていたのです。
先輩医師の言葉を聞いて、フッと気持ちが軽くなりました。
何かが吹っ切れた私は、転職した経験のある同僚に「医師転職ドットコム」を紹介してもらい、転職活動を開始しました。
小児科の医師を続けながらの転職だったため、時間が思うように取れなかったのですが
医師転職ドットコムでは求人探しから条件交渉まで専任コンサルタントが代行してくれるので、自分が想像していたよりずっとスムーズに転職先を決めることが出来ました。
私は今秋から、今の小児科の経験を活かすことができる内科へ転科が決定しています。
私のように今の職場に悩んでいる・人間関係に疲れてしまったかたは是非、転職・転科の道もあるのだとお伝えしたいです。

転職・転科をお考えなら

皮膚科の医師に向いているのはどんな人?
自分の選択と判断に責任が持て美容の分野に興味を持つ人

ニキビ、やけど、ほくろ、脱毛症、アトピー性皮膚炎など色々な年代の人の皮膚のあらゆる病気を扱います。
近年ではシミ取りやアンチエイジング等の美容分野で、女性患者からのニーズも広がっている為、女性を相手にすることに苦を感じない人、美容に積極的に興味を持つ人が向いています。
その為、最も女医率の高い科目であると言えるでしょう。

産婦人科の医師に向いているのはどんな人?
デリケートな部分を扱うため、患者さんへの配慮ができ精神的にタフな人

不妊治療・妊娠・出産・婦人科系の病気・生命の誕生・生理不順、更年期障害など女性特有の部分を扱うのでトラブルが起こった時に適切な処置を行える精神的なタフさが必要です。

リウマチ科の医師に向いているのはどんな人?
普段通りの生活や仕事ができるように幅広い知識で治療を行える人

関節、筋肉、神経、骨、などの部位の痛みに対し治療を行います。
痛みに不安を抱え、苦しむ患者に対し長期にわたり薬物療法で体質改善を行う為、丁寧に思いやりをもって対応できることが大切です。

小児科の医師に向いているのはどんな人?
子どもが心から好きな人

重症の子どもの患者さんも多いので、守備範囲がとても広く最後まで全力を尽くすことが出来ることが大切です。
まだ会話ができない幼い子供に安心感を与える笑顔ができる人や、子供の親に対して丁寧に説明ができる事も重要です。

耳鼻咽喉科の医師に向いているのはどんな人?
診断から治療まで処置一貫して行いたい人

子供から老人まで、幅広い年齢層の患者さんの患者数がいので接する事が苦ではないことが重要。
気管・食道・耳・鼻・喉などの広範囲にわたり治療をするので幅広く知識があり外来処置に興味がある人は重宝されます。

精神科・心療内科の医師に向いているのはどんな人?
聞き上手な人

心的外傷ストレス障害、薬物依存症、アルコール依存など目に見えない心の病気を扱うため、人の心に対して興味がある人は活躍できます。
不安低な状態の患者の話を、感情の起伏なくしっかり聞くことができ、心に寄り添うことができるコミュニケーション能力も必要です。